月別アーカイブ: 11月 2016

快適な暮らしの為に。

知人のマンションでは大規模改修を修繕計画に基づき実施して来たが、最近計画に入っていなかったサッシの交換に踏み切った。 急に計画に無い工事を実施した理由を聞いてみると管理組合の理事会の時に一人の理事から築45年も経過して来ると台風や冬場になるとマンションと言えども隙間風が入って来て結構寒かったり雨も気になるという意見が出て理事会で検討する事になったという事でした。最初はもったいないから今のままで良いのではという意見が多かったらしいのですが、理事会を重ねて行くうちに次回の大規模修繕の為にプールしてあった修繕積立金を利用して快適に暮らして行こうという事になったとの事でした。 見に行って見ると常日頃から皆さんでヴィンテージマンションとして価値有るマンションに向かって協力し合っている建物だけあって非常に綺麗に清掃してありベランダには花以外の物は全く置いていないという徹底ぶりでした。これは皆さんで話し合ってヴィンテージ化を目指そうとなった時にベランダに置いていた洗濯物・収納ケース等は整理して、面倒でも洗濯物は屋上の物干しスペースに持って行き収納ケース等は屋内に移動したりして花(一部観葉植物)以外は置かないというルールにされたとの事でした。 現在のアルミサッシの進化は凄いもので5年前に見たアルミサッシから比べるとどんどん進化しています。サッシを交換するという事はガラスも取り替えるという事でかなりの省エネになっているみたいです。 知人が言うには窓際に置いて有るソファーに座っていると首筋が寒かったけどサッシを替えたら静かになって首筋に感じていた寒さも無くなったという事です。今年の冬は暖房費も大分安くなるのではないか楽しみにしているみたいでした。

カテゴリー: 原状回復 | コメントをどうぞ

ストレス軽減リフォーム。

知り合いのお宅ではストレス軽減リフォームと題してご主人のお仕事卒業後に奥様と相談してリフォームが行われた。 何故ストレス軽減リフォームというタイトルなのかお聞きしたところ下記の理由からとの事でした。ご夫婦がストレスを感じる事を列記させて頂くとこのような事でした。 1、奥様:リビングのテレビでは夕食後に見たい番組が見られない。 2、奥様:ベッドに入る時間、起きる時間が違う。 3、御主人:夜遅くに寝室に来て電気を点けて録画した韓国ドラマや中国ドラマを見るので折角寝ていたのに目が覚めてしまう。 以上の様な事が原因でけんかになる事が多くなってきたという事からリフォームする事にされたとの事でした。 ご結婚され独立された息子さんの6畳のお部屋とご夫婦の12畳のお部屋を一部屋にして繋げてしまい丁度半分のところに壁を造り壁側に収納・テレビ台・ライティングビューロー等を作って部屋の端にベッドを置いて全く同じ部屋をそれぞれのお部屋にしたという事でした。夕食後はリビングでご夫婦一緒にテレビを見たりどちらかが見たい番組等が有ればそれぞれのお部屋に入ってお好きな時間に寝るというスタイルになったそうです。 奥様が最後にこっそりお話ししてくれた事は一番のストレスの原因でした。 それは今迄お仕事で会社に行ってたのでお昼ご飯は奥様一人で前日の残り物とかで簡単に済ませていたのが殆どご主人が居るので「昼ごはんは何?」って聞かれる事という事でした。「昼ごはん何?」・「折角寝てたのに明るくしてテレビ付けるなよ」・・・・・・・一つ一つストレスを減らして行くのが段々楽しくなって来たという事でした。

カテゴリー: 原状回復 | コメントをどうぞ

ジークDAYが開催されました!

10月29日(土)、味の素スタジアムにて弊社主催のFC東京冠マッチ「ジークDAY」が開催されました。以前より、ホームページやブログにてご案内してきましたが、弊社は、平成26年2月から、プロサッカークラブチームFC東京のスポンサーとして、社を持ちまして同チームを応援しております。これまでは、FC東京試合前に「キッズマッチ」と称し、実際のピッチで、小学生チームによる試合を行う場を提供して参りました。このたびは、スポンサーとして3年目を前に、微力ですが弊社主催で大きなイベントを行う運びとなりました。初の試みでしたが、FC東京スタッㇷの皆様をはじめ、多くの方々のお力添えをいただき、無事成功を収めることができました。この場を借りて、御礼申し上げます。 当日は、青赤横丁において弊社主催のブースや、ジュニアクラブチーム所属の子供たちによるキッズマッチなどのイベントを行いました。青赤横丁のブースでは、弊社オリジナルの「青赤部屋」をご用意しました。FC東京チームカラーの「青赤」と、「サッカー」にとことんこだわったお部屋です。青と赤のクロスに、サッカーのウォールステッカーを貼り、インテリアなどもサッカー仕様にしました。人工芝を敷くことによって、よりサッカーをアピールしました。今回は、リビングのイメージで製作しましたが、「こんな子供部屋がほしい」「このインテリアはどこで購入できますか」など、うれしい反響をいただきました。実際にこのようなリフォームを行うことが可能なので、ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。FC東京キャラクターの東京ドロンパ君も遊びに来てくれました。当日は、FC東京選手がノベルティのジークオリジナルウェットティッシュの配布や握手、サインなども行ってくださいました。ファンの皆様にとても喜んでいただくことができ、大変うれしく思っています。   また、対ベガルタ仙台戦の前座として、「株式会社ジークpresentsキッズマッチ」が開催されました。子供たちの勇姿に会場も大変盛り上がりました。未来のスター選手を目指し、一生懸命プレーするちびっこ選手たちに感動の声もいただきました。このような場をますます提供させていただけるよう、社として邁進していこうと決意新たとなる時間でした。   試合開催前には、弊社代表より花束を贈呈させていただきました。 当日は、来場者数2万人を記録し、本戦も白熱した試合となりました。ご来場の皆様には、無料クリーニングの抽選にご応募いただけますので、弊社ホームページよりぜひご応募ください。今後も株式会社ジークは、FC東京を応援するとともに、子どもたちがプロ選手と同じピッチに立ってプレーができる機会により、子どもたちにサッカーを通して夢を与えられる場の提供をいたします。    

カテゴリー: 原状回復 | コメントをどうぞ

空室期間を無くす為に。

賃貸マンションをお持ちのオーナーさんとの話の中でなるべく空室期間を無くすための幾つかのサービスをしているという話を聞きました。 先ず長く入居されている方(10年間入居)にはクロスの張り替えを無料で行う。これは部屋の間取りにも因りますがさほど大きくない1LDKぐらいでしたら対応されるとの事でした。 次に6年以上入居されている入居者にはグレードの高いクロスでイメージチェンジご希望の入居者には施工費の半額をオーナーさんがご負担されるとの事でした。 これは築年数が長く付近の新築マンションとの競争力低下には有効的かも知れません。 空室対策としては色々と方法が有り、それぞれのマンションが工夫をされています。

カテゴリー: 原状回復 | コメントをどうぞ

ヴィンテージという選択。

建設されてから30年を超えて来るとマンションの未来の姿を考える様になってくる。 将来、建て替えして新築として行くという道と修繕等しながら現状の建物を維持して行くという道、最近よく聞くのがヴィンテージマンションとして価値有る建物として改修しながら永くその街のランドマークとして生きて行くという選択です。 一口にヴィンテージマンションと言ってもそのマンションが持っている潜在能力が大事になるのは当然の事です。マンションがヴィンテージマンションとして生きて行けるかの判断は住民だけではなくヴィンテージマンション化に向かっているマンションの方達の話を聞くとかなり参考になります。 最近も築後45年オーバーのマンションの理事長さんと話す機会が有りましたが共用部・専有部の改修等をみなさんで根気良く話し合って進めているとの事でした。 東京都内にはヴィンテージマンションと言われている建物がかなり有りますので時間の有る時に見て回っても良いと思います。それぞれとても味の有るマンションです。

カテゴリー: 原状回復 | コメントをどうぞ