建物外壁調査

外壁調査は、主に直接打診して調べるものと、赤外線による調査が主流です。特に赤外線調査は非接触・非破壊で行えるため短期間・低コストで実施できますが、ハードの性能や解析精度にばらつきがあり、十分とは言えない場合も多いようです。
ジークの「高精度赤外線調査」は、世界トップメーカーFLIRのサーモグラフィーと独自の解析ソフトを用い、解析センターの熟練技術者が問題箇所を確実に抽出します。

赤外線外壁調査は、建物の周辺から赤外線カメラで外壁を撮影し、データを解析するという方法で、短期間で終了することができます。全面打診の調査に比べ、大掛かりな足場の設置やゴンドラなども不要で、建物利用者への影響はほとんどなく、外観への影響、打診音の騒音、安全対策などの問題も回避することができます。
工期も長く、人件費や足場などにかかる費用、安全対策費用などの諸費用が必要となる全面打診と比べ、大幅にコストをカットすることができます。

外壁の赤外線調査といっても、使用するサーモグラフィーの性能により、正確性に差が生まれてしまいます。さらに、高性能機種であっても、使いこせるスキルがあるかどうかが重要です。
「高精度赤外線調査」では、世界最先端のFLIRの高性能機種を採用、その機種に特化した現地調査基準と、専用の解析報告書システムを使用することで、確実に精度の高いデータを得ることが可能です。
調査データは集中解析センターの熟練専門技術者チームによって解析され、精度のバラツキのない、正確な解析が得られます。

高精度赤外線外壁調査に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから