【事例紹介】シート割れ修繕

みなさんこんにちは!
今回は窓枠の木部のシートの張り替えの作業をご紹介していきたいと思います。日焼けや経年による劣化でシートが割れてしまうことがよくありますので、その際に行う修繕方法についてご紹介いたします。

工事前写真

窓枠の木部のシートに縦に割れ目ができてしまっています。前回原復工事の際、天板のジョイント部分のひび割れの為補修対応を行っておりましたが、下地の劣化の為かサッシ際が若干上下に動いてしまっていたので、補修箇所が再度割れてしまっていたようです。

工事中写真

写真のように既存シート剥がし、下地処理の上、新規ダイノックシート貼りにて対応致しました。

工事後写真

割れ目も無くなり、綺麗になりました。下地もしっかりと補修してあるので、しばらくの間は見た目が損なうことは無くなりそうです。

いかがでしたでしょうか?今回は窓枠木部のシート張り替えの事例をご紹介させていただきました。シート割れは入居時に気になるポイントでもあるので弊社では張り替えなどの施工をさせていただいております。少しでも興味を持っていただけましたら下記のバナーよりお問い合わせください。見積もり依頼やご相談などもお気軽にご連絡ください。

お問い合わせへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です