リノベーション着工でした

先週から着工した文京区の現場で、
解体工事が一通り終わり、
プランナーさんと現場打合せでした。

スケルトンの状態で
1/50や1/100 のスケールで描かれたを改修プラン図面を基にして、
コンクリート躯体に 1:1 の実寸法スケールで 墨 色で
間仕切り壁の配置、壁の高さ、天井を造る範囲の位置等を記していきます。

解体状況で、想定で起こした図面との相違点を修正し、
電気・給排水・換気設備等の配管のルートを再検討します。

そしていよいよ大工による造作工事がスタートとなります。

T.Y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です