都内某タワーマンション リノベーション現場リポート

こんにちは。
暑い日が続きますねぇ。

最近は現場に出ると毎日3リットルくらい水分補給をしているけど、
それでも出る汗の方が多いくらいです。
皆さんも水分補給は小マメに行いましょう。

さて、今日は都内某タワーマンションの現場からお伝え致します。

6月の半ばから着工して完了は9月初旬の予定です。
今はとても人が住める状況ではありませんが、あと1月もすれば見違える様にキレイになります。

工事内容は壁の部分解体と仕上材と設備機器(エアコン以外)の全交換、床暖房の新設になります。
間取り変更はありませんが、使い易いお部屋にするために若干カタチを変えたりしています。

昨日はシステムキッチンを設置しました。
キッチンなどの設備機器が収まってくると徐々に生活感が出てきて完成後の生活を想像したりします。

写真はシステムキッチンの天板の設置作業をしているところです。
2つに分かれている天板(人工大理石)を職人さんがジョイントしているところです。
ジョイント後の写真を撮り忘れてしまい、お見せする事ができませんが(完成した時改めて…(~_~;))、
流石職人ッ!という仕上がりでジョイント部を探すのが大変なくらいです。

この物件は賃貸マンションで法人様からの依頼です。
リーシングの都合もあり、打ち合わせも工事もとんとん拍子で進んでいきますが、それでも着工から竣工までに要する時間は2ヵ月半。
エンドのお客様だと打合せから竣工まで半年はざらで、物件探しからお付き合いが始まると1年に及ぶ事もあります。
新築を買うのもリノベーションもお施主様からしたら思い入れはヒトシオですよね。

そんなお客様の思いにお応えできるように頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します。
以上、現場からお伝え致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です