空室対策リノベーション

住まいへのこだわりやライフスタイルを重視する傾向がますます強まる中、賃貸物件にも個性やデザイン性の高さが求められる時代。原状回復のみでは借り手が見つからないような標準的な物件の入居率のアップのためには、まず物件の魅力を高めることが大切です。

新たな付加価値を生み出すリノベーションには、投資というリスクが伴います。闇雲にお金をかけた結果、家賃が大幅にアップしてしまうようでは逆効果です。
リノベーションを行うには、入居者のニーズやデザイン性はもちろんですが、コストバランスやタイミングという要素も非常に重要になります。ジークでは、この4要素のバランスの取れた、収益力をアップする賃貸リノベーションをご提案します。

通常の原状回復リフォームとリノベーションでは、実際にどのような運用ケースが想定されるのかを、参考となる短期(5年)と長期(15年)の二つのモデルケースで比較計算してあります。
特に長期で見た場合、コストを差し引いてもリノベーションには大きなメリットが生まれます。適正な投資によるバランスの取れたリノベーションをぜひご検討ください。

ジークでは、ローコストで施工期間が短いフローリングや壁紙、タイルなどの内装材、個性を演出するキッチンや洗面台、トイレ、バスなどの水周りの建築部材、スタイリッシュなタオルウォーマーをはじめとするデザイン性が高く+αの付加価値を生み出す部材など、賃貸物件向けの製品を多数取り扱っております。リノベーション向け製品、建築部材のことなら、ぜひお気軽にジークまでお問い合わせください。

空室対策リノベーションに関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから